未分類

ハイアットハウス金沢宿泊レビュー。金沢観光と子連れ旅行におすすめなホテル!

ハイアットハウス金沢は子連れ観光旅行に最適なホテル北陸地域初のハイアットホテル、「ハイアット セントリック 金沢」「ハイアット ハウス 金沢」がオープンしました。

横浜メガネ
横浜メガネ
こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。

2020年8月1日にオープンしたばかりの2つのハイアットホテル。

その内の1つ、ハイアットハウス金沢に宿泊してきました。

簡単に感想をお話しすると、とってもいいホテルで、また泊まりたいと思っちゃいました。

おすすめできるポイントがたくさんあるホテルだったので、この記事でホテル内施設や部屋、周辺施設などを写真と一緒に紹介していきます。

宿泊する前の参考にしていただけたらうれしいです。

記事内でお話しすること

・ホテルと駐車場の場所
・ホテルの雰囲気
・部屋の様子
・ハイアットハウス金沢の朝食

それでは、上記内容を中心にお話ししていきます。

スポンサーリンク

ハイアットハウス金沢はJR金沢駅近くにある!

ハイアットハウス金沢はJR金沢駅近くにあってアクセス良好で便利なホテル
横浜メガネ
横浜メガネ
駅から徒歩2分の好立地!

まず最初にお話ししたいのが、ハイアットハウス金沢の立地です。

ホテルを選ぶ際に重視している1つが、どこにあるかです。

いいホテルでも、アクセスが悪ければちょっと微妙ですよね。

でも、ハイアットハウス金沢の立地は、申し分のない好立地にあります。

地図を見ていただくとわかりますが、JR金沢駅西口からたった2分の場所です。
北陸新幹線や在来線改札口からでも、約5分の距離にあります。

ハイアットハウス金沢周辺地図
横浜メガネ
横浜メガネ
JR金沢駅改札から徒歩約5分だから便利!

ハイアットハウス金沢に宿泊して思ったのが、駅からすごく近いことです。

ハル
ハル
徒歩5分なのはうれしいポイントだよね。

金沢市へ遊びに行かれる方って、電車で行かれる方が多いと思います。

新幹線や特急を利用して数時間電車に乗ったあと、ホテルまで時間をかけて歩いくのはイヤですよね。

また、不慣れな土地でバスに乗って向かうのも、ちょっと避けたいところです。

でもハイアットハウス金沢なら、金沢駅西口(金沢港口)を出てすぐ。
JR金沢駅から徒歩約5分にあるホテルだから、西口(金沢港口)から出るとすぐにハイアットハウス金沢が見える。
駅を出れば上の写真のように、ホテル(右がハイアットハウス)がすぐ見えちゃう距離です。

遠くまで歩くことも、バスに乗ることも、電車に乗ることもなく、大きなスーツケースを押しながらでも苦にならない距離にあるのはメリットでしかありません。

スポンサーリンク

金沢駅に近いホテルだからメリットだらけ。

金沢駅に近いホテルだから、JR金沢駅にあるおみやげ屋にも行きやすい
横浜メガネ
横浜メガネ
駅に近いのは、メリットがたくさん!

メリットがたくさんあるなかでも僕が思うのは、食事をしに行ったり、金沢みやげを買いに行くのがラクなところです。

食事なしの素泊まり宿泊プランですと、飲食店を探すのが大変です。

でも、金沢駅から近いハイアットハウスなら、エキナカにある飲食店へ簡単に行けて探す手間も省けます。

ハル
ハル
金沢駅内には、おいしそうな飲食店がいっぱいありますよ。

金沢駅内にある金沢百番街グルメリストを確認したい方は、下記リンクへどうぞ。
金沢百番街飲食店一覧

それと、旅行で大事にしているのがおみやげ購入です。

ハル
ハル
せっかく行った旅行、現地でおしまいなのはもったいない。

自宅に帰ってからも余韻に浸れるアイテムが、購入したおみやげだと思います。

ハイアットハウス金沢にも、おみやげが販売されています。
ただ残念なのが、ほんの少ししかありません。

でも、駅に近いハイアットハウス金沢なら、ホテルにおみやげが少なくても問題なしです。

金沢駅内には、2つの大きなおみやげエリアがあります。
JR金沢駅にある金沢百番街には、「あんと」と「Rinto」に大きなおみやげ屋があるから、ハイアットハウス金沢に泊まったときは是非行ってほしいおみやげ屋さん。

横浜メガネ
横浜メガネ
大きなエリアの名称は「あんと」と「Rinto内のおみやげ処」

どちらにもたくさんの商品が用意されていて、目移りしてしまうこと間違いなしです。

金沢駅内にある金沢百番街おみやげリストとRintoのおみやげ処を確認したい方は、下記リンクへどうぞ。
金沢百番街あんとおみやげ店一覧
金沢百番街Rintoおみやげ処

スポンサーリンク

鼓門も駅から近いから簡単に見に行ける!

ハイアットハウス金沢は金沢駅にある観光スポット鼓門も近いから行きやすい
横浜メガネ
横浜メガネ
金沢駅と言えば、鼓門つづみもん!

ご存知の方も多いと思いますが、金沢駅には鼓門というものがあります。

駅自体が、1つの観光スポットになっているんです。

金沢駅は2011年に「世界で最も美しい駅14選」で6位にランクインしています。
ハイアットハウス金沢はJR金沢駅に近いから、有名な鼓門を気軽に見に行ける

ハル
ハル
金沢にある建築物で1番見たかったんだ。

14選に選ばれているだけあって、本当にきれいでした。

そんな建築物も、ホテルが駅から遠いとわざわざ見に行かないといけません。

でも、駅近のホテルなら、時間を選ばず簡単に見に行くことができます。

スポンサーリンク

ハイアットハウス金沢の駐車場と料金は?

ハイアットハウス金沢の駐車場は、クロスゲート金沢と一緒の入口
横浜メガネ
横浜メガネ
宿泊者の駐車料金は1泊1,000円

ハイアットハウス金沢には、地下駐車場が用意されています。

駅から近い位置にありますが、僕たちは車で行ったので駐車場の事前情報はとても大切です。

ハイアットハウス金沢に駐車場はありますが、事前予約と滞在中の駐車スペースの確保は行われていませんでした。

駐車料金は、以下のとおり。

駐車場の料金設定
宿泊利用 1,000円/1泊
レストラン・バー利用
3,000円以上利用 1時間サービス
5,000円以上利用 2時間サービス
その他
初めの60分 300円
以降30分毎 100円

駅から近いのに、すごく安い金額設定だなと思います。

横浜メガネ
横浜メガネ
ここでハイアットハウス金沢の駐車場を利用する際に注意していただきたいことがあります。

カーナビによるかもしれませんが、ちょっとズレた場所を設定されます。

横浜メガネ
横浜メガネ
ちなみに我が家はGoogleマップをナビとして使っています。

ハイアットハウス金沢と設定すると、隣の「ハイアットセントリック金沢」かハイアットハウス金沢の徒歩での入口を案内されます。

ハイアットハウス金沢の駐車場を検索する際は、「NPC24Hクロスゲート金沢パーキング」で検索してください。

クロスゲート金沢とハイアットハウス金沢は、同じ駐車場です。

地下駐車場内で、ハイアットハウス金沢の案内表示がされています。

案内に従って行くと、ホテル地下入口の目の前に止めることができるので、中途半端な場所で止めず、行けるとこまで奥に進んでください。

奥まで行くと、ロビーへ向かうエレベーターの近くに、車を止めることができます。

ハイアットハウス金沢駐車場の入口
横浜メガネ
横浜メガネ
駐車場関連で、もう1つ注意点があります。

下の写真は、ロビー階からエントランスと駐車場へ向かうエレベーターホールのものです。

必ず、写真に写っているボタンを押してください。
ロビーから駐車場へ向かうとき、上のボタンを押すと1階で必ず止まって、下のボタンを押すと駐車場へ直行します。
上のボタンを押すと、1階でエレベーターを乗り継がないといけなくなります。

横浜メガネ
横浜メガネ
正直、メンドーです。

僕はこの案内表示に、チェックアウト後に車へ向かうときに気付きました。

チェックインからアウトの間に、4回ほど車まで行っていましたが、そのたびに乗り継いでいたんです。

ロビー階から駐車場へ向かう際は、必ず下のボタンを押してくださいね。

ハイアットハウス金沢のロビー。

ハイアットハウス金沢のロビーは、おしゃれ度が高くてテンション上がってしまう。
横浜メガネ
横浜メガネ
ホテルに着いて1番最初に行くのがロビー。

チェックインするために、誰もが行くところですよね。
おしゃれできれいなハイアットハウス金沢のロビー。
ハイアットハウス金沢のホテルロビーを見て思ったのは、

横浜メガネ
横浜メガネ
広々としていて、自由にゆったりと寛げるロビーだな

ハイアットハウス金沢のロビーは、誰もが寛いでみたくなる素敵な空間が用意されている。
ホテルを利用したときに、いつもはロビーで寛ぐことをしない方でも、利用してみたいと思っちゃいませんか?
駐車場からロビーに向かうエレベーターを降りると目の前に見えるのがソファー席。

ハル
ハル
ソファー席の座り心地がよかった!
小上がりの席は、すごく寛げる空間でした。
横浜メガネ
横浜メガネ
小上がりは、すごくくつろげました。
朝食をテラス席で食べてる方もいましたよ~。
ハル
ハル
テラス席で朝食を食べてる方もいましたよ~。

ソファー席、テーブル席、小上がり席、テラス席、どれも素敵ですよね。

パソコンをいじってる方、雑誌を読んでる方、飲み物を片手にゆったりとした時間を楽しんでる方、他のホテルではあまり見ることがない光景を見ることができました。

ハル
ハル
チェックインしたときは、いろんな方が思い思いに楽しんでいましたよ。
チェックイン 15時00分
チェックアウト 12時00分

短期だけでなく、中長期的に利用できる部屋。

ハイアットハウス金沢は、中長期の観光滞在やビジネスにもおすすめできるホテル。
横浜メガネ
横浜メガネ
ハイアットハウス金沢には4種類の部屋がある!

僕たちがハイアットハウス金沢に宿泊したのは1泊のみ。

でも、もう1泊してホテルでゆっくり過ごすのもいーなって思える部屋でした。

宿泊した部屋は「キッチン スタジオ」。

部屋は41㎡と広めに作られていて、4人で宿泊してもゆったりと過ごせました。
入口側から奥に向かって撮ったハイアットハウス金沢の部屋「キッチンスタジオ」

ハル
ハル
入口側から、奥に向かって撮った部屋の雰囲気。
部屋の窓からは、隣に建つ「ハイアットセントリック金沢」が見えます。
横浜メガネ
横浜メガネ
窓の外に、ハイアットセントリック金沢が見えます。
1番奥のベッドは、ソファーベッド。2人で泊まるとソファーとして座れるそうです。
ハル
ハル
手前2台が普通のベッドで、奥のはソファベッド。

2人で宿泊した場合は、ソファ状態で座ってくつろげるそうです。

名前に付いている通り、キッチンのある部屋には、調理器具などが豊富に用意されていました。
ハイアットセントリック金沢の部屋には、お皿やコップだけでなく、調理器具や炊飯器なども用意されていました。

ハル
ハル
コップやお皿だけでなく、炊飯器や調理器具も数種類用意されていました。
電子レンジとホテルには珍しい大きめの冷蔵庫が設置されていました。
横浜メガネ
横浜メガネ
電子レンジだけでなく、シャープ製の大きめの冷蔵庫もありました。

キッチンスタジオという名前だけあって、器具などが豊富だと思いました。

と言うのもハイアットハウス金沢は、観光やビジネスの拠点として、中長期での滞在も可能なようにキッチンを付けている部屋が多く用意されています。

ハイアットハウス金沢の部屋の種類
部屋の名前 公式ホームページ 部屋の間取り図
キッチン スイート ツイン https://www.hyatt.com/ja-JP/hotel/japan/hyatt-house-kanazawa/kmqxk/rooms 間取り図
キッチン コーナー スイート ツイン 各部屋間取り図
キッチン スタジオ
デン キング

4タイプの部屋でキッチンが付いていないのは1タイプ(デン キング)のみです。

実際に泊まって思ったのは、調理器具が用意されているのがありがたかったですね。

と言うのも、ハイアットハウス金沢に夕食付きプランはありません(2020.8現在)。

なので僕たちは、飲食店でテイクアウトしたもの、おみやげやさんやスーパーで購入したものを部屋で食べました。

取り分けたりするお皿があって、買ってきたお刺身用の魚を包丁で切ったりと、調理器具があったのはよかったです。

ハル
ハル
夕食に買える食材の幅が広がったよね。

泊まる前に思っていたよりも、調理器具は便利な存在でした。

部屋の中にあるインテリアはどんな感じ?

ハイアットハウス金沢の部屋にあるインテリアは、どれもおしゃれ。独立型のクローゼットも便利でした。
特に変わったものがあるわけではないですが、大型のテレビと大きな独立型のクローゼットがよかったです。

テレビは壁掛けタイプで、テレビボードを使用していない分、部屋が広く使えています。

クローゼットは独立型で、なかなかの大きさがあります。

それぞれ好き好きがあると思いますが、よく見る入口のドア近くにある簡易的なものよりも、扉がついているしっかりと作られているクローゼットが好きですね。

それと個人的にうれしかったのが、コンセントの数が多かったことです。

スマホやiPad、カメラなどの充電をするので、コンセントの数が多いのはありがたいです。
ハイアットハウス金沢の部屋には、たくさんのコンセントやUSBで充電できる場所がいっぱいあります。

横浜メガネ
横浜メガネ
ハイアットハウス金沢の部屋には、利用する場所を想定して、しっかりとコンセントの位置が考えらえて設置されていました。

経験ある方も多いと思いますが、コンセントがあっても、「本当に欲しい場所にないんだよな」なんて思ったことがありませんか?

ハル
ハル
ストレスと言ったら大げさだけど、困るときあるんだよね。

でも、ハイアットハウス金沢なら、そんな思いをすることもありませんでした。

横浜メガネ
横浜メガネ
ベッドサイドは当たり前、テレビの下、テーブルのすぐ横など、いろんなところにコンセントとUSBが直接させるものがありました。

そんな理由から、欲しいところにコンセントがあったのは地味にうれしかったです。

子連れ家族にうれしい、広い洗い場のあるお風呂。

ハイアットハウス金沢のお風呂は、洗い場が広くて子連れ家族にうれしいお風呂。
横浜メガネ
横浜メガネ
ハイアットハウス金沢には大浴場がありません。

過去の経験上、駅近のホテルはユニットバス、もしくは狭め。

ハル
ハル
敷地の関係があるのかもね。

でも、ハイアットハウス金沢のお風呂は、十分すぎる広さでした。

子供と一緒に入るのに、これぐらいの広さがあるとゆったりとできていいなと思います。

横浜メガネ
横浜メガネ
子供の頭や体を洗うのがラクです。
大理石っぽい豪華な印象の洗面所、おしゃれなチューブ式のシャンプーやボディソープ。
ハル
ハル
シャンプーなどもしゃれた物に入っていて、いい感じ。

洗面台も少し広めで、大理石っぽいデザインがとても豪華に感じます。

脱衣所はすべて写っていませんが、広くも狭くもありませんでした。

ハル
ハル
でも、とても清潔感がありました。

レストランで食べる朝食は、ハイアットハウス金沢自慢の卵料理と一緒に。

ハイアットハウス金沢の朝食は、どの宿泊プランにも必ず付いている。野菜中心の朝食がおいしかった。
横浜メガネ
横浜メガネ
夕食プランはありませんが、朝食はどのプランにも付いています。

朝6時30分〜10時00分までが、ハイアットハウス金沢の朝食の時間。

僕たちは7時30分から利用しました。
ハイアットハウス金沢の朝食は、野菜が多く食べれる。
バイキング形式のメニューは、

  • パプリカの炒めもの
  • ベーコン
  • ポテト炒め
  • サラダ
  • ヨーグルト
  • パン4種類

あとは、飲み物が数種類ありました。

これだけで見ると少なく感じますが、個人的には満足な内容でした。

と言うのも、金沢ってご飯がすごくおいしいです。
おかげで少し食べ過ぎ気味だったので、野菜中心のメニューがちょうどいい感じでした。
おしゃれな入れ物に入っていたドリンク類。果肉入りのオレンジジュースが美味しかったです。

横浜メガネ
横浜メガネ
飲み物はおしゃれな入れ物に入っていました。

オレンジジュースは、つぶつぶ果肉入りでおいしかったです。

それと、バイキング式メニューのほかにもう1つ。
ハイアットハウス金沢自慢の卵料理。
ハイアットハウス金沢では、オムレツバーなるものがあって、3種類の卵料理を楽しむことができます。

横浜メガネ
横浜メガネ
オムレツ、目玉焼き、スクランブルエッグから選べます。
ハル
ハル
スタッフがどれにするか聞きに来るので、選んでオーダーしてくださいね。

ハイアットハウス金沢の施設紹介。

ここまでロビーや部屋の様子を紹介したので、その他の場所を紹介します。

使う方は使うし、使わない方は使わない施設になるので、一応参考程度に読んでいただけたらと思います。

Hバーはソフトドリンクもあるから子供も楽しめる。

ハイアットハウス金沢にあるHバーは、ロビーにあるから子供と一緒に楽しめる。カウンター席だけでなく、ロビーにあるソファやテーブル席などでも飲めるからおすすめ。
横浜メガネ
横浜メガネ
バーはチェックインカウンター隣にある!

ホテルのバーって、最上階や少し閉鎖されて空間にある印象です。
ロビー階にあるから、カウンター席以外でも飲むことができる。
ハイアットホテル金沢にある「Hバー」は、ロビー階にあって、どちらかと言うと開放的な場所にあります。

カウンター席でも、ロビーにあるソファやテーブル席でも、思い思いに好きな場所で飲み物を楽しむことができます。

バーと言うと大人の空間ですが、Hバーはロビーにあって開放的な空間にあるので、子供と一緒に楽しめちゃうんですよね。

ハル
ハル
もちろんソフトドリンクもあります。

営業時間は10時から22時。

さすがに夜遅い時間は子供と一緒には無理ですが、昼や夕方ぐらいまでなら問題ないかなと思います。

僕たちはチェックアウト後に、Hバーを利用しました。

金沢市を離れる前に、撮った写真を見ながらゆっくり過ごせたのがいい思い出です。

ちょっと小腹が減ったらHマーケットへ。

ハイアットハウス金沢にあるHマーケットは、ドリンクが豊富。金沢で人気のレトルトカレーも豊富で、お土産にもおすすめ。
ハイアットハウス金沢には、コンビニが併設されていません。

コンビニは金沢駅近くに行くか、逆方向に行くしかないです。

事前に購入して持ち込むのが1番。
でも、そうもいかない時があります。

そんな時は、ロビーにある「Hマーケット」を利用するのがおすすめ。

販売されている商品点数は、それほど多くありませんが、ちょっとした買い物には十分だと思います。

ハル
ハル
石川県や北陸限定の商品もあるので、1度見て欲しいです。

便利なコインランドリーがある!

ハイアットハウス金沢には、旅行で重宝するコインランドリーがある。洗剤と柔軟剤は料金に含まれている自動投入式なので、持ってこなくても安心。
ホテルの情報は集めていましたが、コインランドリーがあることを知りませんでした。

横浜メガネ
横浜メガネ
公式ホームページに表示されているのを見落としていました。

子供がいるとホテルで洗濯できるのって、うれしいんですよね。

余分に持って行っても、着替えたりする回数が増えると、足りなくなるなんてこともあります。

でも、コインランドリーがあれば、着替えが増えたとしても心配事が減ります。

もちろん大人もですが、持って行く服の量を減らせるのが大きいです。

また、旅行中に洗っておけば、帰宅後に洗濯の量が減るメリットもあります。

ハル
ハル
我が家はホテルにコインランドリーがあれば、洗濯する派です。

ハイアットハウス金沢のコインランドリーには、洗濯機と乾燥機が3台ずつある。洗剤と柔軟剤は自動投入式なので、持っていく必要もありませんでした。
ハイアットハウス金沢にあるコインランドリーは、洗濯機と乾燥機がそれぞれ3台ずつありました
料金は以下のとおり。

種類 金額 目安時間
洗濯機 500円/1回30分 30分
乾燥機 100円/1回15分 60分

洗剤と柔軟剤は自動投入タイプなので、買う必要も、持っていく必要もありません。

ハル
ハル
洗ってみた感想は、しっかりと洗われて、乾燥もちゃんとしていました。

ちなみにですが、「キッチン スイート ツイン」の部屋にはドラム式洗濯乾燥機が唯一あるそうなので、コインランドリーを使う必要がなくなります。

本格的すぎるジムが完備されている!

ハイアットハウス金沢には、本格的なジムが用意されています。
横浜メガネ
横浜メガネ
簡易的なものではなく、本格的なジムでした。

ホテルの施設案内で、ジムがあるのはわかっていました。

でもイメージは、ルームランナーと腹筋マシンがあるぐらいだと思っていたんです。
ハイアットハウス金沢のジムは、本格的な筋トレマシンが豊富。
ジムの扉を開けたら、上の写真です。

普段ジムに通って鍛えている方でも、物足りなさもなく使えるのではないかなと思います。

横浜メガネ
横浜メガネ
僕は20分だけ使ってみましたが、とっても楽しかったです。

ハイアットハウス金沢周辺観光スポット。

ハイアットハウス金沢の周辺には、有名な観光スポットがたくさん。
金沢旅行で思ったのが、観光スポットがギュッとしているところです。

徒歩でも回れるところが多いですが、バスで観光巡りするのも便利かなと、実際に行ってみて思いました。

なので、ここではJR金沢駅から各観光スポットまでの所要時間、最寄りのバス停を記載しておきます。

ハル
ハル
バス乗り場は、金沢駅兼六園口(東口)です。
目的地 乗り場番号 降車バス停 バス所要時間 徒歩
近江町市場 ③・⑧〜⑩ 武蔵ヶ辻・近江町市場 約10分 約8分 約18分
金沢城公園 ⑥〜⑦
(柳橋行き・快速除く)
兼六園下・金沢城 約10分 約6分 約30分
兼六園
金沢21世紀美術館 ③・⑥ 広坂・21世紀美術館 約10分 約10分 約30分
⑧~⑩ 香林坊(アトリオ前) 約10分

まちバス(土・日・祝日のみ運行)
金沢21世紀美術館・兼六園(真弓坂口) 約20分

周遊バス
広坂・21世紀美術館(石浦神社前) 約20分
ひがし茶屋街
周遊バス右回り
橋場町 約10分 約7分 約25分

金沢駅から徒歩だと時間がかかってしまうので、どこか1つの目的地までは、バスを利用するのがいいです。

そこから徒歩で回ると、効率がいいと思います。

まとめ。金沢駅近くで泊まるならハイアットハウス金沢がおすすめ。

JR金沢駅周辺でホテルを探しているなら、ハイアットハウス金沢がおすすめ。
今回はじめてハイアットハウス金沢に宿泊しましたが、とってもいいところでおすすめできるホテルでした。

2人の子供と一緒に4人で泊まっても、十分な広さの部屋で狭さを感じることもなかったです。
快適に過ごすことができて本当によかったなと思っています。

ロビーや他のホテル内施設も雰囲気がよく、とても満足できるものでしたね。

もちろん金沢駅からも近く、観光移動に便利なところもおすすめポイントです。

金沢観光で、JR金沢駅近くのホテルを探しているなら、ハイアットハウス金沢は本当におすすめできます。

ぜひ1度、泊まっていただきたいホテルです。

では、また~。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。

この記事が少しでも参考になったらうれしいです。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です