未分類

KUMU金沢宿泊体験レビュー!石川県金沢市内でおしゃれなホテルステイを楽しみたい方は必見!

有名観光スポットにも近いKUMU金沢はおしゃれで女性に人気のあるホテル。
石川県金沢市内にある「kumu金沢by The Share Hotels」と言うホテルをご存知ですか?

デザイナーズホテルとしてオープンし、有名旅行雑誌でおすすめのホテルとして掲載されている、人気のあるホテルです。

横浜メガネ
横浜メガネ
こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。

KUMU金沢の存在を知ったのは、金沢旅行へ行く前に旅行雑誌を見ていたときです。

部屋と外観の写真が掲載されていて「泊まってみたい!」とすぐに思ってしまいました。

でも人気のあるホテルなので「予約がなかなか取れないんだろな」と思っちゃったんですよね。

ダメもとで予約サイトをのぞいてみたら、予約が取れちゃいました。

実際に泊まってきた感想を簡単にお話しすると、ホテルの外観やエントランス、部屋がとてもおしゃれで、すごく満足のいくホテルでした。

そこでこの記事では、大手旅行雑誌でも注目されているKUMU金沢について、以下のことを中心にご紹介します。

この記事でお話しすること

・KUMU金沢の場所
・KUMU金沢の基本情報
・ホテル外観
・エントランスの雰囲気
・部屋の紹介
・周辺観光スポット

子連れ旅行なので、家族目線でのお話が多くなります。

でも、部屋の雰囲気など写真を多めに掲載していますので、夫婦やカップルでの金沢旅行のホテル選びの参考にしていただけたらうれしいです。

スポンサーリンク

KUMU金沢の場所はどこにあるの?

金沢駅から少し離れているが、最寄りの「南町・尾山神社」バス停が徒歩1分
横浜メガネ
横浜メガネ
まず最初にお話ししたいのが、KUMU金沢の立地です。

場所は石川県金沢市上堤町にあります。

詳しくお話しすると、JR金沢駅から徒歩約20分。

バスで移動するなら、金沢駅バスターミナルから約10分になります。

ハル
ハル
最寄りのバス停は「南町・尾山神社」です。

駅から少し離れているので、駅近のホテルと比較すると微妙な位置にあります。

横浜メガネ
横浜メガネ
でも、観光するとなると絶好の場所にあるんです。

のちほど詳しくお話しますが、金沢城址公園や21世紀美術館、尾山神社、香林坊エリア、近江町市場など、金沢市の有名観光スポットに徒歩圏内で行ける場所にあります。

観光の拠点として、絶好の場所にあるホテルなんです。

KUMU 金沢 by THE SHARE HOTELS周辺地図
住所 石川県金沢市上堤町2−40
電話番号 0762829600
スポンサーリンク

KUMU金沢に駐車場はある?提携駐車場は?

KUMU金沢には専用駐車場がありませんが、周辺にはコインパーキングあるので駐車場には困りません。
横浜メガネ
横浜メガネ
本音を言うと、ホテル敷地内に駐車場はあってほしかったです。

慣れない場所で駐車場を探すのって、意外と大変ですよね。

どこの場所でも、大きな通りから横道に入ると、急に狭くなる道があったり大変な思いをするときってあります。

KUMU金沢周辺のコインパーキングは、そんなに狭い道はないので大変な思いをすることもないと思います。

横浜メガネ
横浜メガネ
場所によっては「え?ここ通れるの?」って駐車場も少なからずありました。

ただ、そんな駐車場は少なく、道幅も駐車場も広めなところ多く、ホテル周辺には、写真のようなコインパーキングがたくさんありました。

「満車でどこにも止められない」なんてことはないと思います。

でも、大型連休などになると、近隣のホテルに宿泊する方も増えるので、満車の駐車場が多くなるかもしれません。

そんな時は、事前に駐車場の予約をすることをおすすめします。

タイムズBで駐車場の予約をすれば、探し回ることもなく安心です。

横浜メガネ
横浜メガネ
ホテルだけでなく、有名な観光スポット周辺の駐車場を事前予約するのもおすすめですよ。

 

スポンサーリンク

ホテルの外観。

KUMU金沢は少し古めの建物ですが、デザインもよくとってもおしゃれな外観です
横浜メガネ
横浜メガネ
新しい建物ではありませんが、そこがいい感じに雰囲気が出ています。

ホテル外壁とKUMUホテルの文字の色、1階全面に窓ガラスがあることで、とっても素敵な雰囲気がある作りになっていました。
KUMU金沢の外観はノスタルジックな気分に浸れる作りです。

ハル
ハル
ノスタルジックな感じだよね。

ホテルに入る前から、中がどうなっているのか気になりましたし、観光客と思われる方たちが歩きながら見ていたので「やっぱり気になるよね」と思っちゃいました。

スポンサーリンク

エントランスの雰囲気。

KUMU金沢のエントランスは、コンクリートと木材をあわせたおしゃれな空間に作られています。
横浜メガネ
横浜メガネ
写真はエレベーター前からホテル入口に向かって撮影しています。

エントランスはコンクリートがむき出しで、無機質な感じがあります。

でも、KUMU金沢のエントランスは無機質だけではありません。

チェックカウンターと天井、エントランスのいたるところに同色の木材がたくさん使われています。

無機質な感じだけでなく、木があることであたたかみも感じれるおしゃれな場所です。
KUMU金沢の1階にあるカフェ「TEA SALON KISSA&CO.」
また、エントランスフロアには、カフェが併設されています。

カフェにも同色のテーブルセット、天井にも同じように木がたくさん使われています。

チェックインの手続きをしていると、エントランスとカフェが一体化していて、すごく広さを感じます。

木のぬくもりもより感じれて、いいんですよね。

こちらのカフェでは、おいしい抹茶などをいただくことができるんです。

滞在中に利用したので、後ほど詳しくお話ししますね。

KUMU金沢のチェックイン&チェックアウトの時間と方法。

KUMU金沢のエントランスは、コンクリートと木材をあわせたおしゃれな空間に作られています。
横浜メガネ
横浜メガネ
チェックインとアウトは、他のホテルと比べても簡素化されていてよかったです。

KUMU金沢のチェックイン時間は15時00分(最終チェックイン24時00分)、チェックアウトは10時00分です。

僕たちは車で行ったので利用しませんでしたが、チェックイン前と後に荷物の預かりサービスがあります。

それとめずらしかったのが、冷蔵冷凍の保管ができることです。

横浜メガネ
横浜メガネ
金沢は海鮮系がおいしいですし、有名観光スポットの近江町市場があるから冷蔵品も預かってもらえるのはうれしいサービス。
ハル
ハル
冷蔵庫のスペースにも限りがあるので、事前に問い合わせるのがいいかなと思いました。

チェックインとアウトは本当に簡単で、すっごくありがたかったです。

チェックイン時は、用紙に必要事項を記入するだけ。

横浜メガネ
横浜メガネ
約5分で終わりました。
ハル
ハル
着いたら早く部屋に行きたいもんね。

チェックアウトはもっと簡単で、カードキーを専用のボックスに入れるだけ。

1分もかからずにチェックアウトができてしまいました。

チェックインとアウトに時間を取られないのが、うれしかったですね。

エレベータを降りると、おどろきの共用スペース。

エレベーターを降りると誰でも使えるおしゃれな共用スペースが用意されていました。
横浜メガネ
横浜メガネ
多分みんなおどろくはずです。

チェックイン後にエレベータに乗って部屋へ向かおうとすると、すごくおしゃれな共有スペースが目に飛び込んできます。

エレベーターを降りると、共有スペースがあります。

そこには大きなテーブル、周りには雑誌、棚にはバルミューダのポット。
誰もが自由に飲むことができるお茶も用意されています。

この共有スペース、KUMU金沢の3階と5階にだけあって、ホテル内では「TEA TABLE」と案内されています。

他の階に部屋があると、知らずにチェックアウトなんてこともあるかもしれません。

部屋やカフェだけでなく、おしゃれな共有スペースでもくつろげるのはいいなって思いました。

音楽が流れてる空間で、宿泊中に1度は使ってみようと思う方は多いのではないかでしょうか。

横浜メガネ
横浜メガネ
もちろん僕は利用しました。

持ってきたiPadと1階のカフェで買ってきた飲み物。

ロビーでくつろぐ経験はありますが、共有スペースでくつろいだ経験はありません。

おしゃれな空間でゆっくりとした時間を過ごせてよかったです。

ハル
ハル
iPadでTwitter観てただけだよね。
横浜メガネ
横浜メガネ
言わないで…。

KUMU金沢はおしゃれな部屋ばかり。

KUMU金沢にはおしゃれで1度は泊まってみたいみたい部屋ばかり。
横浜メガネ
横浜メガネ
おしゃれな部屋ばかりで迷ってしまいます。

旅行雑誌にも注目され、週末は予約の取りにくい日が多くあります。

部屋数は全47室。
そして、47室が6つの異なるタイプの部屋にわかれています。

ハル
ハル
6種類の部屋は下のリンクから確認してくださいね。

KUMU金沢by The Share Hotels公式ホームページ客室一覧へhttps://www.thesharehotels.com/kumu/stay/

横浜メガネ
横浜メガネ
どの部屋もおしゃれで、予約するときにどの部屋にするか迷っちゃいました。

部屋の壁はコンクリートが見えている場所もあって、どの部屋もおしゃれ。
今まで泊まってきたホテルとは、雰囲気が違うんですよね。

と言うのも、KUMU金沢、もともと企業が多く入ったテナントビルだったそうです。

ビルのすべてを改装し、ホテルとして生まれ変わったのがKUMU金沢のある建物。

エントランスやエレベーターホール、部屋など、雰囲気が違うなと思ったのはどことなく昔の面影あるなと感じたからでした。

KUMU金沢の部屋は思っていた以上に雰囲気がよかった。

KUMU金沢にあるおしゃれなロフトタイプのベッドがある「ロフト4(LOFT4)」は大人も子供もたのしい気持ちになる部屋
ハル
ハル
どの部屋も泊まるのが楽しくなりそうな部屋ばかり。

僕たちが選んだのは、ロフトタイプのベッドがある「ロフト4(LOFT4)」です。

ロフトに上り下りしたり、ロフトで寝るのを子供たちがよろこぶかなと思いロフト4にしました。

部屋は天井に高さがあるので、思っていた以上に広さを感じれます。

壁には落ち着きのある壁紙が使用されていて、天井のコンクリと合わさってシックな雰囲気がありました。
部屋はシックな雰囲気がありながら、木のぬくもりを感じれるあたたかさも感じれます。
エントランスと同じように、ロフトも含めて部屋の中に木材が多く使われているので、あたたかみも感じれるのが良かったですね。

メープルやパイン材のような明るめの色だったので、天井や壁紙と違ったアクセントとなっているのがいい感じだったなと思います。

部屋にあるソファーは、ゴロゴロとのんびりできてしまう

部屋にはコーナーソファがあり、素泊まりプランを選んでいた僕たちは、こちらのソファとテーブルを使用して夕食と朝食を食べました。

ハル
ハル
子供含めてだけど、4人でも十分な大きさでしたよ〜

子連れ旅行で気になるのがお風呂とトイレ。

KUMU金沢のお風呂は子連れ家族に嬉しい洗い場の広いタイプ。
ハル
ハル
KUMU金沢には大浴場がありません。

部屋のお風呂と聞くと、浴室の広さが知りたくなりますよね。

洗い場の広さは、子供と一緒に旅行する際の気になる1つです。

KUMU金沢のお風呂は、写真のような感じでした。

洗い場が広く、同じ規模の他のホテルよりも広いつくりになっていると思いました。
おしゃれで清潔感のある洗面台
それとドライヤー。
壁掛けタイプのものではなく、パナソニック製のしっかりタイプのドライヤーでした。

おかげで子供の髪もラクラクと乾かすことができ、でうれしかったです。

KUMU金沢の部屋のトイレ
部屋のトイレはこんな感じで、清掃が行き届いていてきれいでした。

ちなみにですが、ふたは自動開閉式。
我が家のトイレは自動開閉式ではないので、子供が遊んじゃっていましたね。

KUMU金沢のうれしかった設備。

KUMU金沢の各ベッドサイドには、コンセントが1つ用意されていてとっても便利でした。
横浜メガネ
横浜メガネ
個人的にうれしかったのが、各ベッドにコンセントが1つ付いていたことです。

スマホを枕元に置いて、充電しながら寝たい方がほとんどだと思います。

ホテルって、ベッド付近に1~2個コンセントが用意されているところが多いですよね。

コンセントが足りなくって、しかたなくベッドから離れた場所で充電した、なんて経験がある方もいらっしゃると思います。

KUMU金沢で僕たちが泊まった部屋には、1階のベッド2台、ロフト上にあるベッド2台にも、しっかりとコンセントが用意されていました。

かゆいところに手が届くではありませんが、気の利いた設備でうれしかったです。

部屋の気になったところ。

ライトの前に座ると影がテーブルに落ちて、少し暗く感じました。
横浜メガネ
横浜メガネ
とてもおしゃれな作りで、妻も子供たちもよろこんでくれました。

もちろん僕自身も楽しみにしていたので、とっても満足しています。

ただ1点気になったところが、部屋の明るさです。

壁が少し暗めの配色、さらに天井の高さもあったので、場所によっては少しだけ暗く感じてしまいました。

特にソファ付近には、もう少し明かりがあるとよかっです。

ご飯を食べているときにライトのあるコーナー部分に座ると、テーブルに影ができたのが気になりました。

ただ、これはKUMU金沢の部屋の雰囲気づくりだと思うので、仕方ないのかなと思います。

暗くて見えないわけではありませんし、この光量が部屋の雰囲気にはあっているのかなと思いました。

ハル
ハル
時間が経つと慣れてきますし、大人にはいい雰囲気なのは間違いなしです。

屋上の共有スペース。

KUMU金沢では屋上にも共有スペースが用意されています。
横浜メガネ
横浜メガネ
せっかくなので、子供たちと行ってみました。

正直な意見ですが、テーブルとイスだけがあるスペースです。

自販機などもないので、テーブルで風にあたりながらくつろぐのであれば、何か飲み物など持っていくといいと思います。

子供はとっても気に入ったようで、チェックイン後、お風呂のあと、翌日のチェックアウト前にも屋上へ行きたがり連れて行きました。

特に何かあるわけではありませんが、開放的でくつろげる共有スペースだと思います。

1階カフェは絶対に利用してほしい。

KUMU金沢に宿泊したら、1度は利用したい1階のカフェ
横浜メガネ
横浜メガネ
TEA SALON KISSA&CO.は絶対に利用してほしいです。

僕がKUMU金沢へ宿泊を決めてから、ずっと楽しみにしていたのがホテル1階にあるカフェ「TEA SALON KISSA&CO.」です。

写真で見たカフェは雰囲気がよく「落ち着ける場所なんだろうな」って期待していました。

和菓子が有名な金沢だけあって、和菓子に合うお抹茶が用意されています。

他にも、金沢でお茶と言ったら加賀棒茶ですよね。

カフェにもちゃんと加賀棒茶があるので、楽しんでいただきたいです。
抹茶の量を自分で調整して楽しめる飲み物
そして僕がオーダーしたのが、こちら。

抹茶を自分の好きな量で注ぐことができます。

不思議な感じでしたが、とってもおいしかったです。
めずらしい飲み物だと思うので、ぜひ体験していただきたいですね。

店内に張り巡らされているぬくもりを感じれる木と、大きな窓から眺める金沢の町並み。

部屋だけでなく、素敵な空間でいつもと違う時間を過ごす、ちょっと贅沢な時間を過ごせるのも「TEA SALON KISSA&CO.」の魅力の1つです。

TEA SALON KISSA&CO.営業時間(2021.7月現在)
モーニング 7:00~10:00(Lo.9:30)
ティーサロン 11:00~23:00(Lo.22:00)
カフェタイム 11:00~19:00
バータイム 19:00~23:00
座席数 58席
定休日 無休
TEL 076-282-9613
URL https://www.thesharehotels.com/kumu/eat/

KUMU金沢周辺の観光スポット。

KUMU金沢の近くにあるJR金沢駅の鼓門
横浜メガネ
横浜メガネ
KUMU金沢周辺には有名観光スポットがいっぱい!

冒頭で少しだけふれた観光スポットをお話しします。

KUMU金沢の近くには、有名スポットがたくさんそろっていました。

時間や子どもの意向で行けなかった場所もありますが、ぜひ1度は行っておきたい周辺観光スポットをご紹介します。

表の下にある地図は、KUMU金沢が黄色のマーク、赤い色のマークがご紹介した観光スポットになります。

マークをクリック(タップ)すると、観光スポット名などが表示されるので、確認してみてください。

観光スポット名 アクセス ホームページ等
尾山神社 徒歩約5分
兼六園 徒歩約15分
金沢城公園 徒歩約10分
金沢21世紀美術館 徒歩約15分 https://www.kanazawa21.jp/
石川県観光物産館 車で約5分 https://kanazawa-kankou.jp/
ひがし茶屋街 車で約5分 https://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/spot/detail_10212.html
にし茶屋街 車で約6分 https://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/spot/detail_10199.html
主計町茶屋街 車で約4分 https://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/spot/detail_10048.html
近江町市場 徒歩約7分 https://ohmicho-ichiba.com/
鼓門 車で約5分 https://www.kanazawa-kankoukyoukai.or.jp/spot/detail_10050.html

まとめ。石川県金沢市でおしゃれなホテルに泊まりたいならKUMU金沢がおすすめ!

石川県金沢市へ行ったら1度は泊まってほしいKUMU金沢
横浜メガネ
横浜メガネ
さすが大手旅行雑誌に掲載されるだけあります!

KUMU金沢に1泊して思ったのは、本当におしゃれで素敵なホテルだなってことです。

ホテルの正面から見ただけでワクワクしてしまう感覚、エントランスに1歩足を踏み入れるとなんとも言えない空間が広がっています。

「ロビーはホテルの顔」と思っていますが、大変満足のいく場所でした。

部屋は思っていた以上におしゃれで、全種類の部屋に泊まってみたいなと思えるほどです。

利用した「ロフト4(LOFT4)」は、ファミリーはもちろんのこと、どなたが利用しても大変満足のいく部屋だと思います。

ぜひ、石川県金沢市へ行ったら、KUMU金沢に宿泊していただきたいです。

最高の思い出につながるホテルステイが体験できます。

では、また~。

最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
この記事が少しでも参考になったらうれしいです。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です