未分類

群馬サファリパークの餌やり体験をお得に楽しむ!2種類あることを事前に知っておこう!

群馬サファリパークのエサやり体験は、餌やり体験バスとウォーキングサファリの2種類があるサファリパークと言ったら、餌やり体験ですよね。

ヒツジやウサギなど、かわいい動物がモシャモシャと食べてる姿にはいやされます。

また、肉食動物のライオンやトラは、迫力ある食事シーンを間近に見ることができて、テンションが上がります。

横浜メガネ
横浜メガネ
こんにちは、横浜メガネ(@yokohamamegane)です。

この記事でご紹介する群馬サファリパークには、餌やり体験が2種類あり、それぞれで楽しめるのをご存知ですか?
肉食動物に餌をあげたいと思うと、

ハル
ハル
「エサやり体験バス」に乗らないとできない。

なんてサファリパークもあります。

でも、安心を。

群馬サファリパークでは、エサやり体験バスに乗らなくても、ライオンやトラに餌をあげることができます。

他にも、ヤギやヒツジ、鹿にも餌をあげることができちゃいます。

この記事を読んで、餌やり体験バスに乗るのか乗らないのかを、行く前に決めるのがおすすめです。

では、群馬サファリパークの餌やり体験を2種類紹介していきます。

スポンサーリンク

群馬サファリパークの2種類のエサやり体験を知っておこう。

横浜メガネ
横浜メガネ
群馬サファリパークで体験できるエサやりは2種類。
  • 餌やり体験バス
  • ウォーキングサファリゾーン

上記、2種類が餌やり体験をする方法です。

横浜メガネ
横浜メガネ
餌やり体験で注意したいことは、どちらも有料です。

金額が高いか安いかの違いになります。

サファリパークは、入場料だけでもいい値段です。

エサやり体験など、他のことで安く済ませられるなら、安く済ませたい気持ちもありますよね。

では、2種類のエサやり体験の説明をしていきます。

スポンサーリンク

餌やり体験バスは、肉食動物に間近でエサをあげれる!

群馬サファリパーク餌やり体験バスのライオン号
横浜メガネ
横浜メガネ
まずは、大人気の「エサやり体験バス」のご紹介から。

餌やり体験バスは、ライオンやホワイトタイガーの形をしたバスに乗って、エサをあげることができます。

サファリパークに行ったことがなくても、1度は何かで見たことがあるバスですよね。

体験バス、上部が窓、下部が金網になっていて横並びに座ります。
座った際に、エサを金網のところからあげるんですよね。

ハル
ハル
ずいぶん前に、子供と一緒に乗ったよね~。

バスが止まると、ライオンがたくさん寄ってきて、大きな口を開けて肉を食べる姿が、迫力があってよかったです。

スポンサーリンク

ウォーキングサファリゾーンで、好きな動物に餌やり体験!

群馬サファリパーク内のウォーキングサファリで鹿にエサやり体験
横浜メガネ
横浜メガネ
ウォーキングサファリゾーンは、本当におすすめ!

群馬サファリパークには、ウォーキングサファリゾーンと言うものがあります。

体験バスに乗らない、マイカーを使う方でも餌やりができる場所です。

もちろん体験バスに乗った方も、ウォーキングサファリゾーンを体験することができます。

群馬サファリパークには、何度か行っていますが、僕はウォーキングサファリが好きです。

と言うのも、いろんな動物にエサやりができるんですよね。

ヤギやヒツジ、ロバにウサギにシカ。
そして、ホワイトタイガーとライオン。

横浜メガネ
横浜メガネ
そうなんです!実は、餌やり体験バスに乗らなくても、エサやりができちゃうんです。

子供たちもよろこんでくれるので、ウォーキングサファリは本当におすすめ。

スポンサーリンク

餌やり体験バスとウォーキングサファリでかかるお金の違い。

群馬サファリパーク内ウォーキングサファリでホワイトタイガーへお肉のエサをあげている
横浜メガネ
横浜メガネ
マイカーでサファリパークをまわってもエサやりができるのが群馬サファリのいいところ。

バスに乗るのと、乗らずにマイカーで行くのとで、どれだけ金額の差がでるのかをお話しします。

マイカーを利用した家族4人の合計金額。

・入園料合計8,200円
・駐車場使用料300円
・ガイドラジオ500円
・合計9,000円

餌やり体験バスを利用した家族4人の合計金額。

・入園料合計8,200円
・駐車場使用料300円
・餌やり体験バス5,200円
・合計13,700円

これだけで、4,700円の金額の差が出ています。

ハル
ハル
約5,000円の差は大きいね。

餌やり体験バスの場合、バスの中であげるエサ代が、バス利用料に組み込まれています。

マイカーの場合は、ウォーキングサファリゾーンでそれぞれエサ代が必要です。

ウォーキングサファリで使ったエサ代

・ヒツジ・ヤギ・ロバ100円
・うさぎ100円
・シカ100円
・トラとライオン500円
・合計800円

上記のエサ代は、子供2人で使った合計です。
うさぎのエサ以外は、それぞれがわけてあげれば、それだけで十分楽しめます。

下の表は、今お話ししたまとめになります。
体験バスを利用して、ウォーキングサファリでエサをあげる場合は、それぞれプラスしてください。

種類 マイカー 餌やり体験バス
入園料 8,200円 8,200円
駐車場使用料 300円 300円
ガイドラジオ 500円 不要
餌やり体験バス代 不要 5,200円
ヒツジ・ヤギ・ロバのエサ代 100円 不要
ウサギのエサ代 100円 不要
シカのエサ代 100円 不要
トラ・ライオンのエサ代 500円 不要
合計 9,800円 13,700円
ハル
ハル
3,900円の差かぁ。お昼代ぐらいにはなるね。

まとめ。エサやり体験はバスに乗らなくても楽しめる!

群馬サファリパーク内のウォーキングサファリでライオンにエサの肉をあげている

この記事では、餌やり体験バスとウォーキングサファリを比較し、金額のお得感のみでお話ししました。

お金のお得なほうを選ぶなら、間違いなくバスに乗らずにウォーキングサファリ一択です。

浮いたお金で、お土産やご飯に使うことができます。

ただし、サファリパークの雰囲気を最大で味わいたいなら、餌やり体験バスです。

どこに重きを置くかによって、選択は変わってくると思います。

でもでもですね、僕がおすすめするのはマイカーで入って、ウォーキングサファリです。

子供たちもすごくよろこんでいましたし、バスでなくても楽しめちゃうのが理由ですね。

ぜひ、お得に群馬サファリを楽しんでいただきたいです。

では、また~。
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました。
この記事が少しでも参考になったらうれしいです。

こちらの記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です